APOTHEKE FRAGRANCE アポテーケ フレグランス Brass Incense Stand(N)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

APOTHEKE FRAGRANCE アポテーケ フレグランス Brass Incense Stand(N)

¥8,800 税込

送料についてはこちら

佇まいの美しい、アポテーケオリジナル真鍮製のお香立てです。 プロダクトデザインは彫刻家の牧野永美子さんです。一点一点ハンドメイドの商品です。 真鍮は空気に触れることで酸化します。指紋、汗などの水分、油分により変色する可能性があります。 一つ一つ手作りの為、真鍮の素地の風合いを活かす為、軽度に表面仕上げを施しています。その為個体差がある点に関しまして、ご理解の程、お願い致します。裏面は敢えて研磨していませんので、ご了承下さい。 真鍮の一番の特徴と言えるのが、使い込んでいくうちに色や質感が変わっていく事です。革製品のエイジングのように経年変化が楽しめる点は真鍮の魅力でもありますが、きちんとお手入れをして、美しさを保ちながら愛用して頂く事も楽しみの一つと考えます。 真鍮は腐食はしにくいものの、空気に触れることで酸化し、次第に黒っぽい色味が現れます。真鍮の黒ずみが濃くなり過ぎてしまったり、錆びてしまったりした場合は、様々な方法で真鍮を磨くことで元の輝きや色味を取り戻すことができます。市販の金属磨きクロスや研磨剤を使って磨くという手段がありますが、せっかくのヘアライン加工が消えてしまいますので、「重曹」を使ったお手入れをお勧めしています。 重曹で真鍮を磨く一般的な方法は、重曹と水を2:1の比率で混ぜ合わせてペーストのような状態にし、それを付けた布や指で優しくこすります。黒ずみが濃い部分や凹凸部分を綺麗にしたい場合は、綿棒や歯ブラシなどを使うといいようです。いずれの方法でも傷をつけないよう、優しく磨くように心がけてください。この際、お香を差し込むパイプ部を強く持ったり、負荷をかけないようご注意ください。破損の原因になります。 磨き終わったらきちんと水で重曹を洗い流し、水気を拭きとる工程まで行わないと、変色や錆の原因となります。(水分が残ったまま放置しますと、「緑青(ろくしょう)」と呼ばれる緑色の錆が出てきてしまうので、ご注意ください。) 【※実店舗と在庫を共有しております。】 誠に恐れ入りますがご注文のタイミング、商品数などによりましては実店舗の在庫を上回り、在庫切れとなる場合がございます。 予めご了承下さいませ。 【APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)】 "生活の中の香りの楽しみ" APOTHEKE FRAGRANCE(アポテーケ フレグランス)は、千葉県千葉市内の自社工場で商品の調合、生産、パッケージングまですべての工程をハンドメイドでおこなうフレグランスブランドです。ブランド名であるAPOTHEKEはドイツ語で「香料、薬草を調合する所」「調剤薬局」を意味します。「薬局」のようにお客様の生活に根差した立場で「生活の一部としての香りの楽しみ方」のご提案をしております。 ブランド立ち上げから遡ること10年ほど前、創業者の菅澤圭太は旅行先の国で多くの香油屋や香木屋に出逢い、日本ではまず見かけることのないそれらに強い刺激と感銘を受けました。そして、香りについて一から学ぶため香料会社での勤務を経て2011年、地元である千葉県にアトリエを構えハンドメイドによるルームフレグランスブランドをはじめました。 "全てハンドメイド" 私たちは手間から生まれるシンプルな良質さとアナログな質感を好み、機械や外注を使用した大量生産を目的としません。 その為調合や生産はもちろんの事、ラベルへのスタンプ押しから箱詰めまでを自らの手でハンドメイドすることを大切にしています。こうして日夜試行錯誤を重ね作り続けてきた香りの種類は今や100種を超えます。そして、キャンドルから始めたその商品ラインナップも、今ではルームスプレーやお香など多岐に渡ります。